スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向精神薬不正入手、07年からネット販売(読売新聞)

 大阪市西成区の生活保護受給者から不正入手した向精神薬を違法転売したとされる事件で、神奈川県横須賀市、無職大沢広一被告(41)(覚せい剤取締法違反などで起訴)らは、以前は同区のあいりん地区内にほぼ限られていた、不正入手した向精神薬の販路を、2007年1月頃からインターネットを使うことで全国に拡大していたことが21日、捜査関係者らへの取材でわかった。

 大沢被告らは07年からの3年間で、少なくとも34都道府県の客に向精神薬を販売し、約2000万円を稼いでいたとみられている。

 捜査関係者によると、同地区では、医療費がかからない生活保護受給者に病気を装わせて向精神薬などを不正入手する手口は以前から行われていた。

 読売新聞の取材に対し、同地区で中古DVDを売っていた露天商の男性(60)は「受給者が3、4人のグループで病院を回り、処方された薬を売る商売は昔からある」と証言。別の露天商の男性(58)は「表には並べていないが、向精神薬が欲しければ売るよ」と言って、リュックサックから薬局の袋を取り出して見せた。

 県警の調べでは、大沢被告とともにネット販売を手がけていたとされる大阪市港区、無職栗山一郎容疑者(53)も同地区内で屋台をひいて、同じ手法で手に入れた向精神薬などを売っていたという。

 しかし、06年頃に薬物販売サイトで知り合った大沢被告とともに、07年1月頃からネット販売を始めた。栗山容疑者が暴力団関係者らを介して受給者から向精神薬を仕入れ、大沢被告がネットを通じて客を募っていた。

<素敵カラダプロジェクト>ヘルスケア商品でやる気↑ 参加者8割の基礎代謝も↑(毎日新聞)
龍馬が乗った「いろは丸」オランダ購入説覆る(読売新聞)
愛知殺傷、弟2人に事件前「殺して火付ける」(読売新聞)
南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ-日本(時事通信)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)

万引き容疑、警官見るなり自分の胸刺す…男死亡(読売新聞)

 スーパーで万引きをした疑いで20日、警察官が訪問した際、自分の胸をナイフで刺した佐賀市嘉瀬町の職業不詳の男(42)が21日未明、搬送先の病院で死亡した。

 失血死とみられる。佐賀県警佐賀署は窃盗と銃刀法違反の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 発表によると、男は20日午後2時半頃、自宅近くで、捜査車両に乗った署員4人を見るなり隣家との境のブロック塀を乗り越えて逃走。持っていた果物ナイフ(刃渡り12センチ)で自分の左胸を数回刺して農業用水路に飛び込んだ。引き揚げられて病院で手術を受けたが、21日午前零時47分に死亡した。

 同署の陣内学・副署長は「男が逃走した時、署員は数十メートル離れており、体には触れていない。職務執行に問題はなかったと考える」と話している。

首相動静(4月14日)(時事通信)
中華料理店から出火4棟焼失 堺(産経新聞)
JR脱線事故直後、救助に走った男性 あの惨状語り継ぐ(産経新聞)
<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)
最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)

<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)

 札幌市円山動物園の新施設「エゾヒグマ館」が17日、オープンした。北海道に生息するエゾヒグマが餌を探したり、木に上ったりする姿を間近で見ることができるのが魅力だが、「おてんばぶり」が期待された雌の「とわ」(2歳)が直前に脚にけがを負うハプニング。初日は元気な姿を見せ、人気ぶりを披露したが、週明けからは公開を休止し「一時静養」。大型連休初めの29日には再開させる。

 「とわ」は3月まで登別市の「のぼりべつクマ牧場」で育てられ、人間なら小学校高学年ぐらい。今月15日の報道陣への公開では慣れないすみかに、走り回って木を引き倒すなど「おてんば娘ぶり」を披露していたが、同動物園によると、1日に雪で足を滑らせ、ケージに後ろ脚を引っ掛け、軽いけがをしていたという。

 施設の目玉は、「餌穴」と呼ばれる細長いコンクリート製の穴。ヒグマの習性を利用し、前脚を使って餌をかき出す様子が楽しめる。「とわ」はけがにもめげず、「えさ穴」によじ登り、強引に顔を突っ込み、餌を食べようと必死な姿を見せ、来園者の笑いを誘った。【片平知宏】

【関連ニュース】
雑記帳:「エゾヒグマ館」公開へ 札幌
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
ホッキョクグマ:双子の父、古巣・札幌へ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
雑記帳:飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園

仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で-大塚内閣府副大臣(時事通信)
<訃報>村本信幸さん74歳=元住友精化専務(毎日新聞)
検察審、近く議決へ=小沢氏不起訴の当否判断-陸山会規正法違反事件(時事通信)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)

陸幕で結核集団感染 10人感染、84人陽性反応(産経新聞)

 防衛省陸上幕僚監部は9日午前、陸上自衛隊東部方面隊管内の駐屯地で計10人の隊員が結核に感染していると発表した。いずれも昨年、陸自武山駐屯地(神奈川県)で実施された教育課程に参加していた。他の隊員84人も血液検査で陽性反応が出ており、集団感染の疑いが高い。

 陸幕広報室によると、昨年9月から、板妻駐屯地(静岡県)や高田駐屯地(新潟県)などで、19-25歳の隊員6人が結核に感染していることが判明した。6人は昨年4-6月、武山駐屯地での教育課程に参加しており、他の参加隊員ら約840人に健康診断を実施した結果、新たに4人の患者が判明し、84人から陽性反応が出たという。

 防衛省は9日、全自衛隊員に対し、せきや微熱が続く場合には速やかに診断を受けるなど、適切に対処するよう通知した。

【関連記事】
私立中高一貫校で35人が結核に集団感染 複数の医療機関が見逃す
ダル結核感染危機…公式カメラマン隔離入院
徳島の病院で結核集団感染 患者や看護師ら15人
大阪市で結核集団感染 4人発病、うち1人が死亡
特養ホームで14人結核感染 岩手

「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
関西情報誌無くなる!? 「1週間」「エルマガ」「ハナコ」休刊(産経新聞)
新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)
<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)

棋聖戦 深浦が挑戦者決定戦進出(産経新聞)

 7日、東京・将棋会館で行われた産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第81期棋聖戦」本戦準決勝で、深浦康市王位が郷田真隆九段に勝ち、挑戦者決定戦進出を決めた。

 深浦の相手は、15日に行われる渡辺明竜王-稲葉陽四段戦の勝者。

<年金>2人が2000万円超回復へ 記録見つかり(毎日新聞)
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判(産経新聞)
都バスにひかれ、歩行者男性死亡(産経新聞)
「処理追いつかず」申請書放置、茨城県係長停職(読売新聞)
<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)
プロフィール

せきやまけん

Author:せきやまけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。